目次  
 


PowerGram 購入方法
PowerGramの特長
目次
PowerGram利用者からのコメント
PowerGramについて
英会話習得の基準
PowerGram発行までの推移
PowerGramの仕組みとコンセプト


 

PowerGram 購入方法

 36,600を超える米語表現:アメリカン スタンダード(米国語の標準語)で構成された弊社のデータベースから1600例文を検索し、文法ジャンル別の例文として採用しています。 更にその中から「選り抜きの520*例」の高頻度の慣用表現が(* : アスタリスクマーク)表示されています。

 PowerGram をご利用の生徒様からのアンケートによるご意見や要望を参考にしながら、1985年から実際のレッスンで使用し、改訂を重ねて参りました。

不足部分を時間をかけて補足しながら『日本人の手による、日本人のための「参考書」作り』 をコンセプトに進めて参りました。そしてついに2008年5月、第19版から完成の域に達しました。現在、第20版を販売中。

 「PowerGram」は、[ 日本人の為に作成された、英会話力向上を目的とした文法と慣用表現の参考書 ] です。   
無料メルマガ、BOMと併用することにより、「より明確に、より効果的に」学習できるように工夫されています。

システム化した「長期計画」と、段階を経ながらのご利用をお薦め致します。 



■申込方法、その1:代金引換(代引き)支払い

 ◆宅配便(クロネコヤマト便)による「着払い」をご希望の方は、必要事項を  ご記入の上、送信ください。ご自宅でもお受け取りできます。受け取り希望の  曜日と、時間帯を確認させてください。メール ←ここをクリック。

PowerGram 一冊:@\2,500.-(税込み)+\840.-(送料)
[集金手数料:弊社負担、全国一律価格] 合計@¥3340.- 。



■申込方法、その2:銀行振り込み(最安の購入方法)

1.

メール ←ここをクリックしていただき、必要項目を明記の上、発注ください。
・申込者のお名前
・申込者の郵便番号、ご住所

2.

テキスト代と送料(250円)を振込にて下記の口座へお振込ください。
入金確認後、ご指定の住所へお届けいたします。

PowerGram 一冊:

2,500円(税込)

 

送  料

250円

 

合  計

2,750円


※振込の手数料はお客様のご負担となります。ご了承下さい。

振込先:三菱東京UFJ銀行 金山支店 普通 1729624
口座名:有限会社 ビート米会話


「PowerGram」 の特長


長年改定を繰り返して参りました無料メルマガ、BOM バージョン「PowerGram」がようやく完成を迎え、皆様にお伝えできるようになりました。現在、第20版を販売中です。

#1: 過去に蓄積したデータベース、36600の英語表現の中から一つひとつの例文を「65項目」に分類(文法「30項目」、状況項目「35項目」)した検索ソフトから例文を厳選しています。

#2: 「PowerGram」に掲載済みの慣用表現の数は、1600例文を越すものになりました。36600以上のデータ文(2008年4月現在)の中から、会話に使える、特に頻度の高い慣用表現だけを採り上げています。

この「PowerGram」に文法説明の例文として掲載されている「1600例文」全ての「慣用表現」は、私がアメリカ留学中、そして帰国後も精力的に収集作成したデータベースの中から膨大な時間をかけて選んだものです。日常的に耳にする「日本人が使える表現の全て」がそこにあると言っても過言ではありません。

#3: 例文の選択基準も、日本人に人気のある「日常会話+海外旅行で利用できるもの」を中心に展開されているところは注目して頂きたいポイントです。

#4: 「英会話に必要な文法知識のポイント」を、日本人が理解しやすい「説明例文」としても一覧いただけるので、覚えやすく効率化を図っています。

#5: 最新版は、第20版(2013年6月発行:保存版)です。お持ち頂いているもの(PowerGramは、旧式名:Power Grammar)が古くなったとお考えの方は、完成版が発売されていますので、是非この機会にご検討ください。


目次



画面をクリック(最新版)

『 PowerGram 』の内容

Lesson1:

動詞(be動詞/ do動詞/ 助動詞:助動詞の仕組みと種類。)

Lesson2:

形容詞の種類と役目、形容詞の順位。

Lesson3:

** 時制(現在、過去、未来と進行形。現在完了、過去完了、現在完了進行形、と仮定法。)

Lesson4:

疑問文の作り方の基本と例外。

Lesson5:

連音(リエゾン)と音の法則性。

Lesson6:

* 単文/ 複文/ 重文

Lesson7:

*** 五文型。

Lesson8:

冠詞/ 名詞/ 前置詞の種類と基本。

Lesson9:

関係詞(関係代名詞/ 関係副詞。)と規則/不規則動詞一覧表。

Lesson10:

不定詞/ 副詞/ 比較級/と
副詞の位置

販売したテキストは落丁、乱丁の
場合はお取り換えいたします。
(返品不可)


PowerGram利用者からのコメント





PowerGram について


「英会話に必要な文法の知識は、薄い一冊の参考書で十分」:

 ほとんどの日本人は、中学3年、高校3年の計、最低 6年間学校で英語を学んできたハズなのに、何が何なのか訳がわからぬまま、高校や大学を卒業していくのは、本当の意味での教育の欠如と言わざるを得ないと思います。

 私は、ここで学校の先生方を責めるつもりはありませんが、日本の現状を見ればその事実は歴然としています。たまたま英語が得意科目であった私は、環境にも恵まれ順調に英語習得の過程を過ごすことができました。

しかし、英会話をものにできるのは本当に一握りの人達だけで、普通は受験戦争に振り回されて社会へ飛び立って行くのです。気が付けば、大学で英語を専攻した人達の中にも英語に苦戦している人達がたくさんいるというのも又、現実の話です。学校で英語を教える立場にある講師でさえ、英会話が出来ない人たちがまだかなりの数に上るという事実と酷似しています。

 インターネット元年と言われた、1999年を過ぎた現在、時代は急速に進歩し(その年に無料メルマガ、BOMの配信を開始)、企業はコンピューターを駆使でき、英語力のある人材をTOEICで評価し、求めています。

特に、製造業を中心とした企業様においては人員を海外に求めていく関係でその傾向がより一層強くなっています。受験地獄の日本は昔も今もあまり変わらないし、私が学んだ50年以上も前と今とを比較しても、英会話の習得の仕方が著しい変化を遂げているとは思えません。

 確かにAET の導入など努力の跡は認めますが、戦後から今日まで、これだけ時代の変化があったことを考慮すれば、その間十分な改善ができているとは思えません。

結局は、テスト、テストの目前の目標ばかりに追われ、英会話習得に一番大切な時期を見過ごして卒業していくのです。そして入学後も、受験戦争の憂き目を晴らすかのような、反動の大きい時の過ごし方をするという図式になっているようです。その証拠に日本では、大学生になっても自分の将来の目的をしっかり持てずに、どういう仕事につくのか見当も付かない人が多いようです。

さらに驚く事実は、大学の専攻とは全く関係のない仕事に就く人たちが相変わらず後を絶たないということです。

 そうした背景を考慮した上で、英会話力をつけたい人は、できるだけ早いうちに学校の受験のための英語の勉強とは別途に、自分の意志で取り組む必要があると思うのです。でも、何を基準に取り組めばよいのかが分からないのです。

書店には山と積まれた本やテキスト、参考書があっても本当の意味で、会話力を身に付けるものが自分で見つけられるでしょうか? 私は疑問に思います。なぜなら、この一冊で「必要条件を満たす」というものがないから、あれやこれや挑戦してみては消化不良を起こしているのが現状だと思います。

英会話に必要な文法の知識は、薄い一冊の参考書(:PowerGram)で十分」なのです。あとは習得に必要な環境設定を確保して、その実行あるのみです。Twitter を利用出来る方ならハッシュタグ "#beat85" で日常的に 「英会話の基礎知識」に触れてください。


英会話習得の基準

1600以上の慣用表現が「解説」も兼ねており、一覧できる参考書:

 ここまで言い切ってしまうと「それはあなたのおごりだ」と言われかねないのは承知の上で、敢えて次のことを、声を大にして言い続けていきます。

もういい加減に、日本にも [英会話習得の基準] が完成されてもいい」と思います。その基準に沿って英会話をモノにしていく人達が日本全国、 そして世界中の日本人企業戦士の方々などによって徐々に実践されていけば、いつの日かその評価を受ける時が来ることを私は信じています。

つまり、英語と日本語では、 言語的に何がどういうふうに異なるのかという仕組みの違いを知ることも重要です。「語順変化言語の英語」と「助詞変化言語の日本語」を正しく理解する意味はあまりにも膨大です。 このことだけを知ることで、英会話にかける時間の短縮や、アプローチの変化につながります。

人生の終盤に向けて英会話をマスターしても、あまり意味がないのです。 出来れば若いうちに、いかに効果的にやるかを知らないで、がむしゃらにやるだけでは時間が足りないのです。その攻略法は、無料メルマガ、
BOMで継続していただけることで可能になると思っています。

また、ご理解いただける日本人の皆様のために、その [英会話習得標準基準] 樹立のために、継続できる限り無料メルマガ、BOMと参考書の改訂 を続けていきたいと考えています。その一冊の参考書とは、「PowerGram」です。無料メルマガ、BOM との併用で効率的な英会話の習得が可能になると信じています。勿論、質問は常時無料メルマガ、BOM会員の方には門戸が開かれています。Twitter を利用出来る方ならハッシュタグ #bom85 で質問等受け付けています。

この一冊は 弊社の自信作で、14冊あるオリジナル教材の中でもダントツの「ベストセラー」です。自信をもってお届けいたします。



PowerGram 発行までの推移

これまで30年以上かけ、年に1から2回の改訂頻度で、「よりわかりやすく実践的な例文」を求めて、日本人にも使える慣用表現を選んで来ました。弊社の英会話学校として英語の参考書そして使用しています。PowerGram は、これまでに蓄積した弊社データベース36,600以上の「米語慣用表現」の中から「厳選された1600以上の例文」を例文として使用し、文法基礎知識も一覧できます。一石二鳥というより、三鳥くらいの勢いで収集してきたつもりです。「会話に使える、特に [実践的で使用頻度の高い慣用表現] だけを文法説明の例文として掲載しています。」

(例文選択の基準:日常会話の [慣用表現] を多用しています。米国で日常的に耳にする表現:「定番慣用表現の典型例」が一覧できるようになっています。)第17版(2004年8月発行)からは、カラー印刷になり、より見やすくなりました。


PowerGramの仕組みとコンセプト

 日本人の英会話力習得に必要な [文法及び予備知識] は、「この一冊の中にそのエッセンスが凝縮され、必要なものの全てがわかる」と「これが全てではなく、これだけで十分」をコンセプトに掲げています。この一冊の「参考書」は、日本人の英会話力をつけるのに必要な「文法知識とリスニング力をつける秘訣やノウハウ」などでつづられています。

 PowerGramは、現在、A4サイズ28枚、56ページの薄いもので、何か「一気に読破できる予感」を感じさせる仕組みになっています。

対象者:(TOEIC スコア:250−350)から(TOEIC スコア:700−900以上)
 全くの初心者(TOEIC 250−350)で、「人との意思の疎通をはかる」ことを最大の目標とする人達。そして、その上をめざす上級レベル(TOEIC 700−900以上)の方まで「感動していただける」仕組みになっています。

そして一つひとつの知識は、学校や本で学んだものではなく、私の今までの「経験を通して発見したもの」がベースになっています。企業の英会話研修の「参考書」としてこれまでに数多くの方々に利用させて頂いた、他に例のない参考書です。

ページごとに私の情熱を感じて戴き、「目標達成のための手引き書」として愛用していただければこれ以上の喜びはありません。これからもこの一冊のために時間をかけて改訂に取り組んでいきます。

ご意見、ご質問のある方は、
e-mailにて受け付けています。

ビート米会話〒460-0021名古屋市中区平和1-15-25 今井ダイアパレス1F代表ダイヤル: 052-331-9338
Copyright & copy; Basic Expressions American Touch  All Rights Reserved.